シンのダイエット日記【80kg→60kgビフォーアフターへの道】15話(2017年11月25日)

      2017/11/26

ダイエットビフォーアフター

Pocket

ダイエット ビフォーアフター

栄養士/フィットネストレーナーシンです
📚詳しいプロフィールはこちら:ダイエット劇的ビフォーアフター【120kg→60kgまでの経緯と体験談】人1人分痩せた方法

 

では【80kg→60kgビフォーアフターへの道】を公開していきます。

前回(2017/11/18)の日記はコチラ
※前回は半年で10kgのダイエットに成功した食事方法と運動方法について解説しました

本日(2017/11/25)の体型&体重

◆ 体重:64.6kg(起床直後)

◆ ウエスト:74.2cm

<前回比>
体重:-0.8kg

<通算>
◆ 体重:-16.6kg

2017.11.25比較

ちなみに前回比較は…
(左:1週間前/右:今日)

2017.11.25比較2

ん~見た目としてはイマイチ違いが見られませんね…

 

前回の日記で…

 

平日:厳格な糖質制限ダイエット(ケトジェニックダイエット)

土日:好きなものを好きなだけ食べる(チートデイ)

 

というダイエット方法を紹介しました。しかし、ここ2~3週間は土日であまりに食べ過ぎて4kgほど体重が増えてしまい、それを取り戻すのに平日の5日間を浪費してしまうというパターンに陥っていました。

そこで土日を「適度に好きなものを食べる賢いチートデイ」にしよう!と先週に誓ったわけです。しかし・・・

 

ムリでした!!!!!!

食べ過ぎてしまいました!!!!

 

結局先週の土日で体重が4.5kgも増えてしまいました(金曜の朝:65.2kg→月曜の朝:69.7kg)。

 

しかし!

 

今週はいつも以上に厳格な糖質制限を行なったため、何とか65.0kgの壁を突破し、平日だけで5.1kgの体重を落とすことが出来ました!

やっぱりダイエットを成功させたければ食事や運動よりも「食事の暇もないほど忙しく過ごす」ことが何より大事なんだなと改めて痛感しました。

 

ですが、さすがに平日の5日間だけで5kg落とすのは大変なので、今週の土日は計画を少し変更して…

好きなものを好きなだけ食べる

という方法ではなく…

「低糖質」のものを「腹八分目まで」食べる

という方法に切り変えてみたいと思います。

これで体重の増加が2kg程度に収まってくれるといいのですが、食欲を我慢できるのか…

正直自分でもわかりません…

糖質制限ダイエット中でも食べることの出来る安くて美味くて簡単な料理

今回は私が糖質制限ダイエット中に「アカン!食べたい!!でも糖質は摂られへん…」というときによく食べる『低糖質かつ安くて美味くて簡単な料理』をいくつか紹介します。

材料や分量を熟考し手間をかければ『メチャ美味しくてボリュームもあり、かつ低糖質』なものを作ることが出来ますが、私の場合栄養士のくせに料理が大嫌い(面倒)なので、ここでは面倒臭がり屋の男性の方でも簡単にできるものを紹介します。

味玉

手間・時間・価格面・栄養面などから一番オススメなのが味玉です。卵はご存知の通りタンパク質と脂肪から出来ており、糖質は一切含まないという糖質制限ダイエット中には非常に重宝する食品です。

ただ、難点となるのがスクランブルエッグや目玉焼きにしてしまうとボリュームが出ない(満腹感がない)。かと言って茹で卵では「食べた感」はあるが、塩を振りかけるだけでは途中で味に飽きてくる。

それらを解決してくれるのが味玉です。味玉にしてしまうと味も非常によく、食べた感も十分にあります。

<作り方>
①ゆで卵を作る(黄身が半熟程度になるくらいがオススメ。醤油が黄身まで染み込みやすくなります)

②ジップロックやナイロン袋に醤油と殻をむいたゆで卵を入れる。空気を抜いて卵全体に醤油が染みるようにして冷蔵庫に入れる

③最低でも6時間、出来れば半日~1日漬けておく

※麺つゆを使えばもっと美味しくなりますが、麺つゆには砂糖が使われているので醤油を使っています

 

糸こんにゃくラーメン

こんにゃくはほぼ食物繊維と水分で出来ているので、食べたとて体脂肪になる心配は全くありません。当然普通の麺に比べれば味は圧倒的に劣りますが、厳しい糖質制限ダイエットが出来ている場合、糸こんにゃくでも十分美味しく感じるはずです。

<作り方>
①糸こんにゃくを数分茹で、あく抜きをする

②鍋に水、濃口醤油、創味シャンタン、ニンニクチューブ、牛脂、塩コショウを入れて沸かす(分量はいろいろ試してみて下さい。これらを入れれば大抵美味しくなるはず)

③スライスされた豚肉、白菜、ニラなどの具材と糸こんにゃくを②のスープに入れ、白菜が柔らかくなるまで煮る

※牛脂を入れるのがポイント。牛脂を入れることでコクがグッと増します(スーパーで無料で貰えますし)

※上で作った味玉を入れても構いません

 

カッテージチーズ

少し値は張りますがカッテージチーズもオススメです。カッテージチーズはチーズの中でも比較的脂肪分が少なく、その代わりタンパク質が豊富に含まれるチーズになります。
(ほとんどの商品の場合、100gあたりタンパク質が18g程度、脂肪が4g程度、糖質は1g程度となります)

ですので、「食事」として十分なタンパク質が摂取出来ない食の細い方や、外出先で手軽にタンパク質を摂りたいという方にオススメの食品になります。

ただカッテージチーズと言えば「味が淡白で甘味がほとんどない」という難点があります。これを克服するために重宝するのが「低糖質の甘味料」です。

低糖質甘味料には様々な種類がありますが、カッテージチーズのように「デザート系」の食べ物によく合うのがエリスリトールやエリスリトールに羅漢果という甘味料を混同させたラカントSになります。

ただエリスリトールやラカントSは基本的に「甘味だけ」になります。ですので、甘味以外の味が欲しい場合は砂糖無添加のジャムやゼリーなどを混ぜるのも良いでしょう。

ちなみに私の場合「食後のデザート」が欲しくてたまらなくなったときは…

「カッテージチーズ100g+『低糖工房』の低糖質ジャム20g」にエリスリトールを5gほど振りかけて食べています。

 

↓カッテージチーズ100gに低糖工房の低糖質マーマレードを20gかける

カッテージチーズ+低糖質ジャム

↓混ぜてエリスリトールを振りかけると…

カッテージチーズ+低糖質ジャム混ぜた後

 

↓低糖工房の砂糖無添加ジャム↓

「マーマレード+イチゴ+ブルーベリー」の3本セットで1850円(税込)になります。

 

次回予告

さて次回も1週間後の土曜にアップする予定です。

この土日は「糖質を摂らないチートデイ」とし、体重の増加幅を2kg以内には収めたいと思います。

また、食事内容や運動方法について質問などがあれば是非コメント頂ければと思います。それが更新へのモチベーションとなりますので。

ではまた次回!

ありがとうございました。

📚ダイエット日記バックナンバーはこちら

📚本格的にダイエットしたい方はトップページへ!

Pocket

 - ビフォーアフター日記2017【80kg→60kgへの道】