L-カルニチンで脂肪燃焼を効率化!ダイエットに効果的なサプリ摂取方法の解説

      2017/05/04

脂肪酸をミトコンドリアに運び込むL-カルニチンのイメージ

Pocket

ダイエット ビフォーアフター

栄養士/フィットネストレーナーシンです
📚詳しいプロフィールはこちら:ダイエット劇的ビフォーアフター【120kg→60kgまでの経緯と体験談】人1人分痩せた方法

 

今回は体脂肪を分解・燃焼させる際の必須栄養素である…

『L-カルニチン』

…について、超絶的に詳しく解説します。

ビフォー(120kg)の俺
体脂肪を分解・燃焼させる際の必須栄養素?

つまりL-カルニチンがないと脂肪が燃焼されないってこと?

アフター(60kg)の俺
その通り!

L-カルニチンは効率的なダイエットにおいて、メチャクチャ重要な栄養素やねん!

 

L-カルニチンは「脂肪を燃焼させる」ためには絶対に必要となる栄養素です。

今回はL-カルニチンのダイエット効果と効率的な脂肪燃焼を実現するための摂取方法を解説します。

ダイエット(脂肪燃焼)におけるカルニチンの役割・効果

L-カルニチンがダイエット・脂肪燃焼に効果的な理由

アミノ酸の一種であるカルニチンには…

「脂肪酸をエネルギー生産工場であるミトコンドリアに運び込む」

…という重要な役割があります。

ビフォー(120kg)の俺
脂肪酸?ミトコンドリア?

理科の授業みたいなこと言われても分からんわ…

アフター(60kg)の俺
OK

じゃあ、まずは「脂肪が燃焼されるメカニズム」を簡単に理解しておこうか!

※クリックで拡大可↓

ダイエットや痩せるためには脂肪を燃焼させる必要がある

脂肪燃焼のメカニズム
1.体脂肪がグリセリンと脂肪酸に分解される

2.脂肪酸がエネルギー生産工場であるミトコンドリアに搬入される

3.ミトコンドリア内で脂肪酸がエネルギー化され、完全燃焼される

 

カルニチンは「2.脂肪酸がエネルギー生産工場であるミトコンドリアに搬入される」際に必要不可欠となる栄養素なのです。

と言うのも、ミトコンドリアには膜(バリア)があり、脂肪酸単体ではこの膜を通過することが出来ません。

しかし、脂肪酸はカルニチンと結合することにより、ミトコンドリアの膜を通過することが出来るようになるのです。
※より詳しく知りたい方はコチラ:ILS株式会社「L-カルニチンとは」

ビフォー(120kg)の俺
へぇ

つまり、カルニチンが不足すると脂肪酸はミトコンドリアに入れないってことやろ?

その脂肪酸はどうなってしまうん?

 

当然、カルニチンが不足した状態では脂肪酸を効率良くミトコンドリアに搬入することが出来ないので、脂肪燃焼がスムーズに行われなくなります。

しかも、ミトコンドリアに入れなかった脂肪酸は行き場をなくして、再び体脂肪に帰ってしまうのです。

絵で説明するとこんな感じ↓
脂肪酸をミトコンドリアに運び込むL-カルニチンのイメージ

せっかく運動をして体脂肪から脂肪酸を取り出したのですから、無駄なく使い切りたいところ。

そんな時にカルニチンは必須となる栄養素なのです。

ダイエット・脂肪燃焼に効果的なL-カルニチンの摂取方法

ダイエット・脂肪燃焼を効果的にするためのL-カルニチンの摂取量と摂取タイミング

L-カルニチンは肉類や乳製品に含まれますが、食品からダイエットに効果的な量を摂ることは困難です。
(十分なL-カルニチンを摂る前にオーバーカロリーになる)

また、体内でもリジンとメチオニンというアミノ酸から合成されますが、これもまた量としては不十分。

なので、効率的なダイエットを目指す場合、L-カルニチンはサプリメントでの摂取が基本となります。

最適な摂取量

1日の摂取量としては1~3gを目安とします。

カルニチンはチビチビ摂取しても効果を体感しにくいサプリメントです。

なので、最低でも…

筋肉量と体脂肪の多い男性は2~3g

体重の軽い人(女性)は1~2g

…は摂取したいところです。

1日4g以上の摂取で吐き気や下痢などの副作用を起こす可能性があるので、4g以上の摂取はやめておいた方が無難でしょう。

最適な摂取タイミング

運動開始の30分~1時間前がベストタイミングになります。

「脂肪燃焼のメカニズム」でも述べたように、運動によって体脂肪の分解が活性化されたときにL-カルニチンが血中に存在していることが重要となります。

L-カルニチンは摂取後、30分ほどで血中濃度が上昇し始めるので運動開始の30分~1時間前に摂取することで、運動開始と同時に脂肪燃焼を活性化させることが可能になります。

1日に3g摂取する場合は、運動前に2g、朝食後に1g摂取するようにします。

体重の軽い場合や女性の場合は、運動前に1gのみで十分でしょう。

ただし、人によっては1回1g以上の摂取で下痢をしてしまうことがあります。

その場合は、1回の摂取量を500mg程度とし、毎食後に小分けにして摂取するようにしましょう。

結論

L-カルニチンは脂肪酸をエネルギー生産工場であるミトコンドリアに搬入する際に必要となる栄養素である

そのため、不足すると脂肪燃焼が円滑に行われなくなる

効率的なダイエットに必要な量を摂取するにはサプリメントが基本となる

質問はコメント欄からお気軽にどうぞ!

📚本格的にダイエットしたい方はトップページへ!

Pocket

 - ダイエットを成功させるサプリメント, 脂肪燃焼系サプリメント , ,