ダイエットを成功させるTIPS(ちょっとしたコツ)

      2017/04/17

Pocket

ダイエット ビフォーアフター

栄養士/フィットネストレーナーシンです
📚詳しいプロフィールはこちら:ダイエット劇的ビフォーアフター【120kg→60kgまでの経緯と体験談】人1人分痩せた方法

 

ダイエットを成功させるためには食事制限運動サプリメント活用などが必要不可欠な要素になります。

しかし、特別なことをしなくても、生活の中に「ちょっとした工夫」を取り入れることで、ダイエットのスピードを加速させたり、ダイエットの成功率を上げることが可能になります。

今回は、私の2年間の60kgダイエット期間に実際に活用していたダイエットのちょっとしたコツを紹介します。

無駄な動作を増やす

消費カロリーを増やすには、身体を動かすことが重要になります。身体を動かすというと、有酸素運動や筋トレを思い浮かべるかもしれません。

しかし、特別な運動でなくても、単純に身体を動かすだけで、消費カロリーを上げることができます。

ですので、ダイエット中は特に意識して「無駄な動きを増やす」ことが重要になります。
以下に、無駄な動作を増やすコツの例をいくつか挙げておきます。

●普通に歩く→背筋を伸ばして、早歩き
●電車で吊革に体重を預ける→吊革に頼らず、足腰に力を入れ、電車の揺れに耐える
●エレベーターを使う→階段を使う
●階段を普通に上げる→一段飛ばしでゆっくり、脚の筋肉を意識しながら上がる
●「母さん、醤油取って!」→立ち上がって自分で取りに行く
●イスに座ったままシャワーを浴びる→立ったままシャワーを浴びる
●週に1回布団を干す→天気のいい日は毎日布団を干す
●普通に掃除をする→音楽をかけ、リズムに乗りながらテンポよく掃除をする

このように、日常生活で無理なく無駄な動作を増やすことが重要になります。

これらの例以外にも色々方法はあるはずです。自分で思いついた無駄な動作を日常生活にどんどん取り入れ、1日の消費カロリーを増やしましょう。
1日の消費カロリーとしては、大したことがなくても、それが積み重なれば、1か月後、2か月後には大きな差になるはずです

頻繁に歯を磨く

これは食事制限をする際に有効な方法で、特に「面倒臭がり」の人には効果テキメンです。

食欲が我慢できないときに、歯をキレイに磨きます。すると、そこで食事をしてしまうと、「また歯を磨かなければならない」という手間を面倒臭く感じるため、食欲を我慢しやすくなるのです。

また、歯磨き粉を多めに使って歯を磨くと、ほんのりと口内にミント系や薬剤の香りが残るので、食事に対する欲求が薄まります。

ですので、面倒臭がりで食欲の抑制が効きにくい人は頻繁に歯磨きをして、食欲との勝負に勝利しましょう

食材の買い物は食後に行く

経験のある方も多いかと思いますが、空腹状態でスーパーに行くと、全てが美味しそうに見え、余計なもの、しかも高カロリーなものをついつい買ってしまいます。
しかし、不思議なもので、空腹状態では魅力的に見えていたものも、満腹状態では一切魅力を感じなくなります。

ですので、ついつい余計なものを買ってしまうことが多い人は、食後にスーパーに行くようにしましょう

そうすることで、必要な食材のみを買うことができ、家にダイエットの敵となるような食べ物を置かなくて済むようになります。

運動のやる気が出ないときは歌を歌う

運動には多かれ少なかれ苦痛が伴います。いくら運動好きの人でも、モチベーションが低下し、やる気が起きないときがあります。

そんなときは、「苦痛が伴わないカロリー消費行動」を取れば良いのです。その「苦痛が伴わないカロリー消費行動」のひとつが歌を歌うことなのです。

歌を歌うことにより、楽しみながらカロリーを消費することができます。
カラオケに行くと、1曲当たりの消費カロリーが表示されるのを見たことがあるでしょう。正直、あの数値は当てになりませんが、歌を歌うことでカロリーを消費するのは間違いありません。

消費カロリーを上げるポイントとしては
①腹に力を込め、腹式呼吸で歌う
②可能な限り高いキーの曲を選曲する
③アップテンポな曲を身体でリズムを取りながら歌う
…等が挙げられます。

私も月に1回くらいのペースでやる気が出ないときに、1人カラオケに行って、1時間ほど、キーの高い激しい曲を熱唱します。
これだけで、結構身体が熱くなり、普通に筋トレしたくらいの汗をかきます。しかも、気分爽快になるとういオマケ付きです。

ですので、運動のやる気が出ないときは一人カラオケに行ったり、可能なら家で熱唱してみるのも消費カロリーを上げるのには良い方法です。

恋をする

ダイエットの目的はほとんどの場合、「見た目を良くする」ことでしょう。では、見た目を良くする目的は何なのか?これはほぼ100%、「人から(特に異性から)良く見られたい」に違いありません。

ダイエットの一番のモチベーションは、「異性を気にする=恋をする」ことなのです

勿論、芸能人や2次元はダメです。「頑張って痩せれば、付き合えるかもしれない」可能性のある身近な人に恋することが、ダイエットの成功率を格段に上げてくれます。

私が60kgのダイエットに成功したのも、今思えば、「恋のチカラ」が非常に大きかったと感じています。
当時は身近に魅力的な女性が何人もいたので、食事制限や運動がキツイときも、その女性たちのことを思い浮かべると、不思議と苦痛が和らいだものです。

しかし、現在は恋愛とは少し距離のある生活をしているので、その当時ほどのモチベーションでダイエットに取り組めなくなっており、「ダイエットにおける恋の重要性」を痛感しています。

ですので、最近恋をしていないという人は、積極的に異性に出会うような行動を取ってみましょう。
もし「頑張って痩せたら、付き合えるかも」という人に巡り合えたら、あなたのダイエット成功率は間違いなく上がるでしょう

恋人がいる、結婚しているという人なら、ちょっと危ない恋を(妄想でもいいので)してみるのもいいかもしれません。とにかく、「異性を意識する」ことほど、ダイエットのモチベーションを高めてくれることはありません。

運動を仕事に組み込む

運動が苦手な人や、忙しくて運動している暇がない人は、運動を仕事の中に組み込んでみましょう。

もし、仕事中や通勤で結構な距離を歩くことがあるなら、背筋を伸ばして早歩きする。軽作業のお仕事なら、仕事に支障をきたさない範囲で素早く動く。

このようにすれば、仕事が立派な有酸素運動になります。もし、デスクワークなら猫背にならずに、背筋をピッと伸ばして仕事することで、消費カロリーをいくらかは稼ぐことができます。

最初に述べた「無駄な動作を増やす」ことと似ていますが、どうせ身体を動かすなら、消費カロリーを稼ぎやすいような動きで仕事をするようにしてみましょう

音楽はアップテンポな曲だけを聞く

曲というのは精神面に多大な影響を与えます。激しいハードロックを聴けば誰だって、テンションが上がりますし、ピアノやアコースティック・ギターの優しい音色の曲を聴けば、誰だって落ち着いた優しい気分になります。

ダイエットをするにあたって、重要なのが「ポジティブな感情をキープする」ということです。
ダイエットというのはポジティブな感情の上に成り立つものです。極端な話、身内の不幸や大失恋など、ネガティブな感情真っ只中の時に、ダイエットのやる気なんて起きるはずがありません。

ですので、ダイエットを継続するには、「ポジティブな感情でいる時間を増やす」ことが重要なのですが、そのためには、気分を上げてくれるような曲ばかりを選んで聴くようにしましょう

少し専門的に言うと、ダイエット行動を取る際は、交感神経(興奮系の神経)を刺激した方が、高いモチベーションで行動できるようになります。逆にバラードなど、ゆったりした曲は副交感神経(リラックス系の神経)を刺激してしまうので、夜以外の時間帯はバラードなどは聴かないようにした方がモチベーションを維持しやすくなります。

私の場合、スマホで音楽を聴くのですが、アップテンポな曲ばかりを集めたフォルダとバラードばかりを集めたフォルダに分けています。
そして、日中は絶対にバラードを聴かないように心がけています。特に朝一に失恋ソングなんか聴いてしまうと、テンションだだ下がりになってしまうので、注意が必要です。

結論

とりあえず、私が2年間の60kgダイエット生活で実際に試して、効果のあった方法を覚えているだけ紹介してみました。

ダイエットは根性だけで何とかなるようなものではありません。根性があるときはいいのですが、問題は根性が失われかけているときです。その時にどのような対処法を取るかでダイエットの成功率は大きく左右されます。

今回紹介したのはダイエットのモチベーションが低下しかけたときに役立つものばかりですので、いつもダイエットを途中で投げ出してしまうという人は一度試してみてください。
もしかしたら、ダイエットを継続・成功させることができるかもしれません。

質問はコメント欄からお気軽にどうぞ!

Pocket

 - ダイエット応用テクニック ,